ゴルフボールの種類は主に2種類あります

一見、どれも同じに見えるゴルボール。実は違いがあります。

現在は主に2種類に別れており、それぞれ「スピン系」と「ディスタンス系」の2つがあります。

スピン系は、その名の通りスピンをかけやすいボールで、どちらかと言うと上級者向けのボールと考えたほうがよいでしょう。

ディスタンス系は飛距離を出すことに向いているボールです。

2種類ともそれに合わせて、構造に違いがあります。

スピン系は外のカバーが柔らかく、コアが硬いという特徴があります。

これはショット時にクラブがカバーに接触する面積が多いことにより、抵抗によってボールに回転をかけやすいためです。

スピンをうまく使い分けられれば、より正確なアプローチがしやすいでしょう。

ディスタンス系は逆にカバーが固く、コアが柔らかいという構造になっています。

これはショット時にコアが潰れて、その反動で飛距離が出やすいというものです。

その他にも最近のゴルボールは多層構造など、様々な工夫がされており、それにより効果も違いがあります。

まずは安いボールを使用して、慣れてきてから自分に合ったボールを使用していくのがいいでしょう。

今年に入って、テーラーメイドのボールが人気

事前に調べてみるのもいいですよ