ペットボトルで分かるゴルフのグリップの握り方

ゴルフというスポーツは、まずゴルフクラブを握ることから始動します。

すなわちグリップをすることが最初の動作となります。グリップが間違っていたり、自分のタイプに適していなかったりするとそれ以降の全ての動作に大きな影響を与えることになり、高い確率でミスショットを生み出すこととなってしまいます。ゴルフを習得する上で、一番最初に身につけておかなければいけない技術が適正なグリップ方法なのです。

今の自分のグリップ方法が、自分に適したグリップとなっているのかどうかの簡単な見極め方があります。それがペットボトル飲料の飲み方による検証方法です。ペットボトルを主に3本の指で摘むようにすると安定してペットボトルを持つことができる人は、フィンガーグリップが適したタイプとなります。

ペットボトルを手のひら全体で包むようにすると、安定してペットボトルを持つことができる人は、パームグリップが適したタイプとなりますゴルフのグリップの握り方として一つの参考にする事が良いです。