ゴルフクラブのお手入れは身近なもので十分

ゴルフ好きな皆さんには、是非とも道具であるゴルフクラブへも愛着を持って接して欲しいと思っています。

ゴルフクラブは、ラウンドされる際の唯の道具でしょうか?、恐らくゴルフを楽しまれている方の多くが「次こそは良いスコアで回りたい!」と思っていることだと思います。

ゴルフ場でラウンドすれば、キャディーさんなどが1打1打終わった際に、クラブをタオルで拭いてくれますが、それで満足していませんか?

「そんなに汚れていないでしょ?」と思っているクラブも練習場やゴルフ場でのラウンド後には、グリップには「手垢や脂」、フェイスには「泥や砂」など結構汚れているものです。

そのままにしておくと錆が出たり、最悪はショットの良し悪しにも影響してしまいます。

クラブの買い替えの際には、下取りを利用される方も多くいらっしゃいますが、査定金額にも影響してしまいます。

日常的にお手入れすることに、特別な道具など必要ありません。身近にあるもので十分出来るお手入れについて見て行きましょう。

~グリップの汚れを落としましょう~

意外にも一番汚れているのは、グリップだったりします。

キッチンで食器をなどを洗う中性洗剤を水で薄めたものにタオルを浸し、軽く絞った感じでグリップを拭いてあげましょう。

タオルについた汚れにびっくりすることもあるかもしれません。最後に乾拭きしてあげればOKです。

グリップが汚れていると、大事なグリップ感が弱まってしまいますので、大事なお手入れになります。

~アイアンやウッドのフェースは「激落ちくん」で~

アイアンやウッドのフェース面のお手入れには、「激落ちくん」がおススメです。

激落ちくんを水に浸して軽く絞ってから優しく擦ってあげるだけで、汚れは勿論、スイートスポット以外でヒットした様な後も消し去ってくれます。

フェイスの溝に土などが詰まっている箇所があったなら、爪楊枝や使い古した歯ブラシなどで掃除しておくことも必要でしょう。

こちらもグリップ同様、最後はタオルで乾拭きするのを忘れずに。水分は錆の元ですので、確実に乾かします。

ゴルフショップなどでは、色々お手入れ商品が扱われていますが、意外と身近なものでも十分出来るものです。

大事なことはクラブを労わる気持ちです。お手入れ1つでスコアが上がれば嬉しくないですか?