ゴルフのクラブの種類について

ゴルフクラブの種類は、最初に飛ばす時に使う「ウッドクラブ」というものと、
グリーンに寄せる時に使用する「アイアン」、グリーン上で使用する「パター」の3種類に分けられます。

ウッドクラブにはそれぞれ、番号が1番(1W)から5(5W)番まで振り分けられており、
アイアンも1番(1I)から9番(9I)まであります。

ウッドクラブ、アイアンとも低い番号が一番飛距離が出ますが、その分コントロールが難しくなります。
どの番号を使用するかは、そのホールの飛距離や高低、風や天候などによって使い分けられます。

飛距離の目安は男性なら、1Wが230ヤード程度。女性なら180ヤード。
5Wなら男性なら、195ヤード。女性なら140ヤード。

アイアンなら1Iは男性は、200ヤード。女性なら150ヤード。
9Iなら男性は、120ヤード。女性は70ヤード。

このようにゴルフクラブは、番号によって飛ばせる飛距離が違うので、
状況によって使い分けるのがよいでしょう。