ゴルフの飛距離を伸ばすために鍛えておきたい筋肉

年齢を重ねてくると筋力が低下してくるのでゴルフの飛距離が出なくなってしまう事があります。

飛距離が出なくなってしまうとスコアも伸びないので次第につまらなくなってしまいます。

楽しくゴルフをするためには飛距離を伸ばすために低下した筋力を強化する事が大切になってきます。

そこでゴルフの飛距離を伸ばすためにどの筋肉を強化すればいいのか見ていく事にしましょう。

・大腿四頭筋

大腿四頭筋は太ももの筋肉でスイングをする時に体を支える重要な筋肉です。

大腿四頭筋を鍛える事で体のバランスが良くなり力強いスイングが出来るようになります。

スクワットをする事で鍛える事が出来るので取り入れてみるといいでしょう。

・背筋

ゴルフのスイングをする時はドライバーと自分の腕を支える必要がありその役目を果たすのが背筋になります。

背筋を鍛える事でスイングが安定してきて飛距離を伸ばす事が出来ます。

背筋運動を定期的の行う事で鍛えられるので取り入れてみるといいでしょう。