重心深度の深いゴルフクラブ

少し上級ポイントですが、まず第一にチェックするのは重心です。

重心深度が深く、ソールに近い位置に重心があるクラブが良いです。これは外見からは判断できるものではないですが、ソール後方にウェイトを置いてあるようなクラブは、ほぼ間違いなくこれに当てはまります。

アイアンクラブの場合でも、やはり重心を見て、グースネックの強いアイアンは重心が後方に下がっています。

重心が後ろに下がれば、フェース面との距離が長くなるため、フェース面が上を向こうという動きが生まれるのです。ドライバーでもアイアンでも重心が深くなると、ボールが上がりやすくなります。

ソールの後方部分のほうが重くなっているために、その部分が下がり、設計数字上のロフトではなく、インパクト時のロフトが大きくなってくるからボールは上がるのです。

また、重心が深いほどスイートエリアが広がるので、ミスヒットしてもボールのブレが少なくなってくるという特徴もあります。