ゴルフのパット練習はボールだけを見ない

パットの練習をする際はどこを見るのかを意識するようにしましょう。

ゴルフの練習をする際はほとんどの方がボールを見て打ってしまう場合があります。これは1打目でもパットでも同じになりますが、特にパットの場合は注意をしなくてはならない点になります。ボールを見てパット練習をすると全く上達をする事ができません。これはボールにだけ意識がいってしまうからになりますし、そのまま練習を続けてしまうとボールを見ないと打つ事ができない状態になってしまうからです。

ゴルフは打つ場所を見てボールを飛ばすのが基本になります。そのためボールを見て打つと言うのは絶対に行ってはいけない練習になります。初心者の方はボールがどこにあるのかなどが感覚では分からないので見ても良いですが、ボールに当てる事ができるようになってきたらボールを見ないようにしましょう。

パット練習の際はボールではなくカップを見るようにしましょう。カップを見ていればなぜ入れる事ができなかったのかも分かってきます。