ゴルフで左右にぶれないショット

ゴルフボールを真っすぐ飛ばす。これは基本中の基本。

しかしそれができないから、スコアが伸びない。とも限らない。

そこがまたゴルフの難しい所なのですが、フックしたりスライスしたり。

筆者はゴルフ初心者だから、真っすぐ飛ばすも何も、しっかり飛ばないという情けない状態なので、それ以前の問題なので上手く言えないが、例えば、ボーリングでもカーブが出来ない。少し変わっているが、右投げでシュート(スライス)が投げられるのです。

野球のピッチングでも同じで右投げだけれど、カーブが曲がらないでシュートは結構切れがいいのです。

何故か。それは、体の開きと腕の使い方が偏っているからに他ならない。

野球のピッチングがゴルフのそれに近いのかも知れないが、体の開きが早い時、最終的にボールをリリースする場合、人差し指に力がかかる。

ボールの回転は反時計回りを描く。つまりスライスなのだ。

多くの人が悩む「フック」はその逆の論理で、クラブのヘッド角とリストのターンが強くなりすぎるからだ。

思うに、右手の使い方・握力が左に比べて極端に強い場合に起こるのだろう。

右打ちで左手・左腕を利かせて叩く人はそうならないのだろう。

想像すると分かり易いが、野球のピッチングマシーンが変化球を投じる時、ボールを弾き出すプーリーの回転が対称でない事にお気づきだろうか。

これはボールに偏った回転をかける事で変化を出す仕組みだからだ。

ゴルフに焼き直すと、それをクラブと体・グリップで起こそうと言うロジックである。

左右の腕のスイングを均等にしてあげれば、ヘッドが左右に偏りすぎる事もないし、バックスピンばかりがかかってしまう様なショットに偏る事が無い。つまり、真っすぐ飛び、距離も出るのだ。

と、口では言えるのだが、飛ばない筆者が言うのはお門違いと言うものでしょう。体の使い方も日々の努力で改善できように…。

まずは、頭で覚えるよりも正確な技術習得に臨みましょう。