ゴルフのスライススイングを克服する方法について

ゴルフを行う上で日本人のゴルファーのほとんどはスライサーと言われていますが、スライスボールを打ってしまう原因は多くあり、その中でもアウトサイドイン軌道のスイングが大きな原因と言われてます。

どの様にしてもスライスしてしまうスライサーは、どうにかスライスを直そうと修正しますが、スライスを打つゴルファーは定期的に大きなスライスボールが出てしまう方が多いです。スイングの軌道の練習として自分の軌道を確認する方法としては、マシーンを使用してチェックするほうほうが一番確実な診断方法です。

ヘッドスピードもチェックすることも出来ます。その他にも練習場で素振りやスイングをしていると人工芝のマットにスイングの跡が付いていたり、クラブのソールに緑色の人工芝が付いていると思いますが、その後がどのような軌道を描いているかによってスイング軌道をチェックすることが出来ます。

スライス軌道になってしまう事がある場合は軌道を確認することが良いです。