ゴルフはスピード競争ではないけれど

ゴルフ場でラウンドする際に注意しなければならないことの一つにプレイ時間があります。

「ハーフを2時間15分以内で!」などと書かれたシールがカートに貼られていることも少なくありません。また、最近のゴルフナビ付きのカートでは、液晶画面に経過時間や遅れ時間が表示されるものもあります。そして遅れ時間が或る程度を超えるとマーシャルから注意を受けることもありますが、「前の組が遅いので」とか「カートが遅いので」とか、プレイヤーにとっては様々な言い訳があることも事実でしょう。

そんな中で注意を受けると、その後急ぐあまりに前のグループに打ち込んでしまう人もいます。確かにゴルフはスピードを競う競技ではありませんが、プロの試合でもスロープレイは注意を受けるように、ルール以前の問題として気を付けなければならないことであることは間違いありません。

それを注意されたことによって危険な打ち込みをして、更に大きな問題を引き起こすようなことのないように、素振り回数や歩く速度の見直しなどで是非ファストプレイを目指しましょう。