ゴルフのアイアンとドライバーのスイング

ゴルフのコースで18ホールをプレーしている中で、ドライバーも、フェアウェイウッドも、アイアンもアプローチウェッジもすべてが完璧という日はなかなかありません。

その日のゴルフの調子をウッドやアイアンを別々のもののように捉えています。これはクラブの形状が異なるウッドとアイアンは違うものだという意識が、多くのゴルファーの中にイメージや感覚としてあると言えます。アイアンショットの場合ですが、一連のスイング動作の中でダウンスイングに入ると、そのクラブヘッドが最も低い地点も迎える前にインパクトを迎えます。

いわゆるダウンブローで打つということです。ウッドの場合としてドライバーは、ティーアップをすることでボールの下部に空間が生まれます。それによって、クラブが入り込む隙間を作り、ドライバーのヘッドはフェースの真ん中で球をとらえることが可能となります。

アイアンとドライバーウッドは異なるものという考え方を持ってスイング意識する事が良いです。